HOME >>お知らせ >>  救急救命士が新しい処置を開始します!!
救急救命士が新しい処置を開始します!!
 救急救命士法施行規則が改正され、泉州地域では平成27年4月1日から救急現場や救急車内で次の2項目の救急救命処置を開始します。

 【血糖測定と低血糖発作症例へのブドウ糖溶液の投与】
 15歳以上の糖尿病治療中、あるいは低血糖発作の既往がある、または低血糖症状としての冷汗や動悸が認められる傷病者に対し血糖測定し、血糖値が低い場合には医師の具体的指示を受けてブドウ糖溶液の投与を行います。




 【ショック状態の患者への点滴】
  これまで救急救命士の行う点滴処置は、心臓も呼吸も止まった心肺停止傷病者に限られていましたが、大量出血(外傷によるものを除く)や高度な脱水などで心臓が停止する危険性があるショック状態の傷病者に対し点滴を行います。




 これらの救命処置は、所定の知識を習得し、認定を受けた救急救命士にのみ認められた行為であり、すべての救急救命士が行える行為ではありません。
  なお、この処置には一定の時間を要しますが、これまで病院に到着するまで開始されることのなかった処置を、医師の具体的な指示により認定救急救命士が実施することで、救命率の向上及び後遺症の軽減に寄与することが期待されます。
  また、患者本人または家族などの同意のもとに行うもので、同意が得られない場合にはこれまでどおりの救急搬送を行います 。

 現在、当消防組合には新しい救命処置の認定を受けた救急救命士が10名おり、今後も増員していく予定です。




お問い合わせ

泉州南広域消防本部 警備課救急救助係

TEL:072-469-0119
FAX:072-460-2119
メール: keibi@senshu-minami119.jp

作成;消防本部警備課
(2015.04.01)

  
HOME消防の紹介緊急の時はお知らせ届出申請用紙リンク
Copyright (c) 2013 泉州南広域消防本部 All Rights Reserved