HOME >お知らせ >>「未来を紡ぐ子どもの絆」プロジェクトで被災地を訪問!

「未来を紡ぐ子どもの絆2017」プロジェクトで被災地を訪問

~第43期泉佐野市少年消防クラブ員が福島県相馬市周辺の被災地研修を行い 
相馬市立飯豊小学校新田地区の児童の皆さんと交流を行う!!~


 平成29年8月17日(木)、18日(金)に泉佐野市教育委員会が主催する『未来を紡ぐ子どもの絆2017』プロジェクトの一環として、泉佐野市少年消防クラブ員が東日本大震災で被害を受け、未だ大きな傷跡が残る福島県相馬市周辺の被災地研修を実施しました。
 今回、参加したクラブ員は、第43期生の14人のうちから5、6年生の代表として5人が参加し、8月17日(木)6時00分集合し、関西国際空港から仙台空港まで飛行機で移動しました。
 この研修は、1泊2日で実施され、研修1日目は、相馬市役所を訪れ、相馬市長への表敬訪問後、東日本大震災の慰霊碑や防災倉庫などの見学を行いました。
 また、研修2日目は、相馬市立飯豊小学校新田地区の児童の皆さんと交流を行い、防災カルタなどを行い、交流を深めました。
 なお、研修終了後の8月21日(月)10時00分から参加者で千代松市長に表敬訪問を行い、目の当たりにした情景の感想やクラブ員交流で楽しかった内容などを報告しました。
 今回、研修に参加したクラブ員は、「テレビや新聞などで見たもの以上でした。私たちの住む泉佐野市でも、いずれ南海トラフ地震の発生が言われていますが、今回の研修での経験を生かして、私自身でできることを少しずつ実行に移し、防災に強い町づくりに貢献したいと思います。」と語っていました。

 
相馬市役所において、市長表敬訪問及び市役所の見学を行う。

相馬市内の被災状況の見学及び慰霊碑に黙とう。

語り部の方から東日本大震災の状況をお話いただく。
その後、相馬市の備蓄倉庫の見学を行う。


飯豊小学校新田地区の児童の皆さんと交流を行う。

市長表敬訪問実施風景

 

▲ページトップへ

作成;泉佐野消防署
(2018.01.10)

  
HOME消防の紹介緊急の時はお知らせ届出申請用紙リンク
Copyright (c) 2013 泉州南広域消防本部 All Rights Reserved