○泉州南消防組合職員の勤務時間等に関する規則

平成25年1月21日

泉州南消防組合規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、泉州南消防組合職員の勤務時間に関する条例(平成24年泉州南消防組合条例第9号。以下「条例」という。)第8条の規定に基づき、職員の勤務時間等に関し必要な事項を定めるものとする。

(再任用短時間勤務職員等の勤務時間)

第2条 条例第2条第3項及び第4項に規定する再任用短時間勤務職員(地方公務員法(昭和25年法律第261号)第28条の5第1項に規定する短時間勤務の職を占める職員をいう。)及び地方公務員の育児休業等に関する法律(平成3年法律第110号。以下「育児休業法」という。)第10条第3項の規定により同条第1項に規定する育児短時間勤務の承認を受けた職員(育児休業法第17条の規定による短時間勤務をすることとなった職員を含む。以下これらを「再任用短時間勤務職員等」という。)の勤務時間は、15時間30分から31時間までとし、この範囲内で任命権者が定める。

(勤務を要しない日及び勤務時間の割り振りの基準)

第3条 条例第3条第2項に規定する勤務時間の割り振りについては、月曜日から金曜日までのそれぞれ午前9時から午後5時30分までとする。

2 任命権者は、条例第3条第3項の規定に基づき、特別の勤務に従事する職員の勤務を要しない日及び勤務時間の割り振りについて別に定める場合には、4週間ごとの期間についてこれを定め、当該期間内に8日(再任用短時間勤務職員等にあっては、8日以上)の勤務を要しない日を設け、かつ、正規の勤務時間を割り振られた日が引き続き24日を超えないようにしなければならない。

3 任命権者は、特別の勤務に従事する職員のうち、職員の職務の特殊性により、勤務を要しない日及び勤務時間の割り振りを4週間ごとの期間について定めること又は勤務を要しない日を4週間につき8日(再任用短時間勤務職員等にあっては、8日以上)とすることが困難であると認められる職員については、勤務を要しない日が毎4週間につき4日以上となるようにし、かつ、正規の勤務時間を割り振られた日が引き続き24日を超えないようにする場合に限り、前項の規定にかかわらず、管理者の承認を得て、52週間を超えない範囲内で定める期間ごとに勤務を要しない日及び勤務時間の割り振りについて別に定めることができる。

(勤務を要しない日の振替及び半日勤務時間の割り振り変更)

第4条 条例第4条の規則で定める期間は、同条の勤務することを命ずる必要がある日を起算日とする4週間前の日から当該勤務することを命ずる必要がある日を起算日とする8週間後の日までの期間とする。

2 条例第4条の規則で定める勤務時間は、3時間を下らず4時間45分を超えない範囲内で管理者が定める時間(以下「半日勤務時間」という。)とする。

3 条例第4条の規定に基づき割り振ることをやめることとなる半日勤務時間は、第1項に規定する期間内にある勤務日(条例第4条に規定する勤務日をいう。以下同じ。)のうち、半日勤務時間のみが割り振られている日以外の勤務日の勤務時間の始まる時刻から連続し、又は勤務時間の終わる時刻まで連続する勤務時間とする。

4 任命権者は、勤務を要しない日の振替(条例第4条の規定に基づき、勤務日を勤務を要しない日に変更して当該勤務日に割り振られた勤務時間を同条の勤務することを命ずる必要がある日に割り振ることをいう。以下同じ。)又は半日勤務時間の割り振り変更(同条の規定に基づき、半日勤務時間のみが割り振られている日以外の勤務日の勤務時間のうち半日勤務時間を当該勤務日に割り振ることをやめて当該半日勤務時間を同条の勤務することを命ずる必要がある日に割り振ることをいう。以下同じ。)を行う場合には、勤務を要しない日の振替又は半日勤務時間の割り振り変更を行った後において、勤務を要しない日が毎4週間につき4日以上となるようにし、かつ、正規の勤務時間を割り振られた日が引き続き24日を超えないようにしなければならない。

5 任命権者は、勤務を要しない日の振替又は半日勤務時間の割り振り変更を行った場合には、職員に対して速やかにその旨を通知しなければならない。

(休憩時間)

第5条 職員の休憩時間は、正午から午後0時45分までとする。

2 特別の勤務に従事する職員で前項の規定によりがたいものの休憩時間は、別に定める。

(勤務を要しない日等の特例)

第6条 任命権者は、業務若しくは勤務条件の特殊性又はその他の理由により第2条から前条までの規定により難いときは、管理者の承認を得て、勤務を要しない日、勤務時間の割り振り、勤務を要しない日の振替、半日勤務時間の割り振り変更及び休憩時間につき別に定めることができる。

(非常勤職員の勤務時間)

第7条 非常勤職員(再任用短時間勤務職員等を除く。)の勤務時間は、第2条から前条までの規定にかかわらず、常勤職員の1週間の勤務時間の4分の3を超えない範囲内において定めるものとする。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成25年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに泉佐野市消防本部、泉南市消防本部、熊取町消防本部又は解散前の阪南岬消防組合の職員であった者で、引き続き泉州南消防組合に採用されたものに対する職員の勤務時間等についての規則(平成3年泉佐野市規則第5号)、職員の勤務時間、休暇等に関する条例施行規則(平成7年泉南市規則第3号)、勤務時間、休暇等規則(平成8年熊取町規則第2号)又は解散前の阪南岬消防組合職員の勤務時間、休暇等に関する条例施行規則(平成12年阪南岬消防組合規則第9号)の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

泉州南消防組合職員の勤務時間等に関する規則

平成25年1月21日 規則第2号

(平成25年4月1日施行)