HOME >>消防士を目指す皆さんへ
 救う
  
決して諦めない心

  勇猛果敢

  警防
 警防業務は
  突然起こる各種の災害に対しての活動はもちろんのこと、その他にも業務は多岐にわたっています。多様化する災害に対する計画の作成、火災原因の調査、地域の自主防災力を高めるための消防訓練指導、消火栓などの消防地水利調査、また迅速・確実に行動できるように、日々体力錬成や訓練にも取り組んでいます。
 
 
 百戦練磨

 救急
 救急業務は
  泉州南消防組合の管内では、年間約1万7千件の救急出動があり、これらの増え続ける救急需要に対して、10の署所に救急車を配置し管内の救急事案に対応しています。 また、一人でも多くの命を救うため、質の高い救急業務を目指して救急救命士の養成や知識・技術の向上などの訓練に日々取り組むとともに、各種の救命講習会を実施して救命率の向上に努めています。
 
 剛強無双

 救助
 救助業務は

  近年、複雑多様化の一途をたどっている災害現場の最前線で、被災者・要救助者を危険な状態から救い助けるための活動をします。強い精神力と優れた体力、高度な資機材を使いこなす技術と知識など、専門性も高く日々厳しい訓練を行い練磨に努めています。
 
 公明正大

 予防
 予防業務は
  消防の仕事の中で最も住民の方と接することが多く、法令に基づき消防用設備等の設置指導を行なったり、危険物や高圧ガスに対する規制、防火対象物の査察などを中心とした業務を通じて、火災等を未然に防ぎ、発生した火災等の被害を最小限に抑え、住民の生命・身体・財産を火災から守るという大切な業務です。
 
 沈着冷静

 指揮司令
 指揮司令業務は
  高機能指令センターでは、迅速・的確・親切をモットーに年間3万件近い泉州南消防組合管内の出動要請や各種依頼、相談などあらゆる通報の窓口として対応しています。また、指揮司令課には災害現場における最適な活動を実施し被害の軽減を図るために、災害指揮活動の支援専従部隊として、組合管内全域の火災や救助など、さまざまな災害現場に出動する指揮支援隊が配置されています。
 






  先輩職員から未来の仲間へ

 私は平成28年に採用され3年目の消防吏員として勤務しており、現在消防隊と救急隊を兼任しています。 火事や交通事故、急病人など様々な事案で災害出動しますが、実際の現場では目を背けたくなるような状況や、何もしてあげられることが無く自分の無力さを感じる事もあります。
 それでも自分に出来る精一杯の事をやり、住民の方から感謝された時はなんとも言えない達成感があり、とてもやりがいを感じます。
 まだまだ知識も経験も少なく未熟ですが、日頃の体力錬成や訓練を行う事はもちろんのこと、少しでも住民の気持ちに寄り添う事の出来る消防士になれるよう頑張っていきたいです。
    
平成28年 拝命
    阪南消防署 久堀 祐輝 消防士 



 平成20年 拝命
  市場消防署 丸岡 裕也 消防士長(救急救命士)
 消防士の業務として、火災・救助・救急とありますが、その中でも救急は件数が多く、年々増加傾向にあります。また、医療の進歩とともに救急隊に課せられる処置等も高度化し、より傷病者の生命や予後に直結する場面が増えてきていると感じています。
 そんな状況の中、救急隊として救急現場に出動すると、時には凄惨な光景を目の当たりにすることもありますが、自分が救急搬送した方が社会復帰していたり、元気に退院しているとやりがいを感じます。
 多種多様の救急現場がありますが、住民の方にこの救急隊が来てよかったと感じてもらえるようこれからも努力していきます。

 


 救助隊は火災や交通事故だけではなく、水難事故、山岳事故、航空機災害等あらゆる災害に出動します。また、自然災害が多発する昨今、複雑多岐に亘る災害の発生が予想され、これらの災害はいつ発生するか分からないため、私たちは様々な災害を想定し、日々訓練を行っています。
 人命救助を目的とした日々の訓練は、もちろん過酷ですが、その厳しさを乗り越えることで、チームワークが形成され、自分自身の体力、気力はもとより、高度な知識、技術を習得することができ、また、実災害の現場において、訓練で培ったことが活かされて救助することができたときには、大きな達成感と共に消防士という職業に誇りとやりがいを感じます。
    
平成21年 拝命
   特別救助隊 吉井 鋭人 消防士長 





 平成20年 拝命
   本部予防課 坪井 良太 消防士長
 我々消防の仕事というと災害現場で活動している姿が想像されると思いますが、予防課や各署の予防係はいかに災害を少なくするか、災害による被害を抑えるかを主な仕事としています。実際に災害現場で活動するのではないため、地味な仕事と思われますが、業者、住民と触れ合う機会が多く、一番住民にとって身近な消防士と言えると思います。 また、近年災害が多く、当管内においても、南海トラフ地震が発生するといわれている中、住民の災害予防に対する関心は高まっており、予防業務の重要性は増すばかりです。
 予防という仕事は消防の中でも事務量は多いですが、その分さまざまな業種の方と関わるため、消防だけの世界ではなく、他の仕事の世界もわかり、社会的にも視野が広がります。
 『予防に勝る消火なし』をモットーに、ともに住民の生命・身体・財産を火災から守りませんか。

 


 消防指令センターの業務は、泉州南管内(泉佐野市・泉南市・阪南市・熊取町・田尻町・岬町)の119番通報を受信し、その災害に対して必要な部隊(消防隊・救助隊・救急隊等)を1分・1秒でも、より早く、確実に要請場所へ現場到着させることを主としています。現場の状況が全く見えない中、通報者からいかに的確な情報を得て、現場をイメージできるかが重要となります。部隊が現場到着するまでに、通報者から詳細な情報を聞き出したりできることを指示することで、より良い現場活動に繋ぐことができるということにやりがいを感じます。
 住民からの要請は、指令センターが消防機関の第一窓口となることから、このことだけは常に頭の中にいれ、対応しています。
    
平成10年 拝命
    指揮司令課 若林 秀昭 消防士長 




 平成27年 拝命
   本部総務課 平山 裕貴 消防士長
 私は、様々な業務のある総務課で契約係を担当しています。
 契約と言っても多くの業務があります。例えば、消防車や救急車をはじめ、火災現場で使用するホース、救助現場で使用するロープなど消防では様々な資器材が必要になります。それらの資器材を決められた金額の中で正しく購入することなどです。
 今の部署では火災現場や救急現場などの災害現場に行くことはありませんが、組織の中心である消防本部で仕事を行えていることで多くの経験をし、今後の自分の成長になると考えて日々の業務に一生懸命取り組んでいます。

 



女性消防吏員のページ



            

南西分署の女性専用スペース

  
仮眠室                      更衣室

 
脱衣室                女性用トイレ

泉州南消防組合 職員採用試験について (内部リンク)


総務省消防庁 女性消防吏員の活躍推進のためのポータルサイト  (外部リンク)

▲TOPへ戻る

 

作成;消防本部総務部総務課
(2018.10.01)

  
HOME消防の紹介緊急の時はお知らせ届出申請用紙リンク
Copyright (c) 2013 泉州南広域消防本部 All Rights Reserved