HOME >>お知らせ >>『中隊長研修会を実施!』

『中隊長研修会を実施!』

 令和3年7月26日(月)、27日(火)、29日(木)、30日(金)の4日間、泉州南広域消防本部5階研修室において、5消防署(泉佐野消防署・熊取消防署・泉南消防署・阪南消防署・岬消防署)の中隊長が集まり、災害時に活動を行う出動隊と消防指令センター間の連携向上を目的とした研修会を実施しました。
 火災・大規模事故・多数傷病者が発生するような出動事案は、あらかじめ定められている出動計画に基づき、消防車両や救急車両が各方面から複数台出動することとなっています。
 研修会では、過去に対応した災害事案を振り返り、今後の災害対応に関する取り組み等、盛んな議論が交わされ、大変、有意義な研修会となるとともに、 研修会で出た内容を共有し、住民の生命・身体・財産を守るため、更なる安全・確実・迅速な災害対応を合言葉に、参加者全員で意思統一を図りました。
新型コロナウイルス感染防止対策を行い実施しています
 中隊長とは、出動部隊の最高責任者で、消火隊・救助隊・救急隊・指揮支援隊の各部隊を統括し、指揮を執ることが任務となり、1当務(24時間)あたり各消防署に1名が配置されており、活動時、目視により判別することができるよう、通常の現場服装に加え、赤色ベストを着用しています。
 指揮支援隊は、消防本部の指揮司令課に配置されており、中隊長の補佐役のため3市3町全ての火災事案等に出動し、現場指揮本部要員として活動します。



 〜 泉佐野消防署を例にした部隊系統 〜


 119番は生命をつなぐ大切な番号で全国共通です。
 泉州南広域消防本部の出動エリアは「泉佐野市・泉南市・阪南市・熊取町・田尻町・岬町」となっています。
消防指令センターでは、3市3町の119番を全て受付しており、消防機関として、最初に要請者と接する部署であり、最も重要な数分を担っています。


警防部 指揮司令課 
火災・救急・救助は局番なしの119、病院照会は072−469−0119

作成;警防部 指揮司令課
(2021.07.30)

  
HOME消防の紹介緊急の時はお知らせ届出申請用紙リンク
Copyright (c) 2013 泉州南広域消防本部 All Rights Reserved