HOME >>お知らせ >>二酸化炭素消火設備の誤放出でまたも死亡事故が発生
二酸化炭素消火設備の誤放出でまたも死亡事故が発生
 令和3年4月15日、東京都で二酸化炭素消火設備の消火剤が何らかの理由で放出され、死者4名、負傷者2名を出す事故が発生しました。
 昨年12月には愛知県で、本年1月には東京都で同様の放出事故による死亡事故が連続して発生しているさなかでの、誠に痛ましい事故です。
 皆さまの建物で同様の事故を起こさないよう、次の事項にご注意ください。  
注意喚起!!
  1.  二酸化炭素消火設備が設けられている付近で他の設備機器の設置工事、改修工事又はメンテナンスが行われる場合には、誤作動や誤放出を行わせないよう第三類の消防設備士又は二酸化炭素消火設備を熟知した第一種の消防設備点検資格者が立会うこと。
  2.  二酸化炭素消火設備が設けられている付近で工事等を開始する際は、その都度、当該工事等の従事者に対し、消火剤が放出されないよう閉止弁を閉止する等の措置を講じた上でなければ当該工事等を開始しないなど、必要な安全対策の内容について説明し、当該安全対策の確実な履行を徹底すること。
利用者等への注意
 防火管理者等が、利用者等(自衛消防隊)に対して、二酸化炭素の人体に対する危険性、設備の適正な取扱方法、作動の際の対応方法、避難方法等について周知する。
緊急時は
 二酸化炭素消火設備が放出された場合は放出場所に人を立ち入らせないよう管理を徹底し消防署に連絡してください。
- 消防庁関連通知 -
・令和3年4月15日の放出事故
https://www.fdma.go.jp/laws/tutatsu/items/20210415_yobou_1.pdf
・令和3年1月15日の放出事故
https://www.fdma.go.jp/laws/tutatsu/items/210128_yobou_22.pdf
・令和2年12月23日の放出事故 
https://www.fdma.go.jp/laws/tutatsu/items/201223_yobou_410.pdf

PDFファイルを利用するにはAcrobat Reader(無料)が必要です。 お持ちでない方は、左の「Get Acrobat Reader」ボタンを クリックし、画面の指示に従ってAcrobat Readerをダウンロードしてください。

作成;警防部 予防課
(2021.04.16)

  
HOME消防の紹介緊急の時はお知らせ届出申請用紙リンク
Copyright (c) 2013 泉州南広域消防本部 All Rights Reserved