HOME >>お知らせ >>危険物ローリーの事故が多発しています!
危険物移動タンク(ローリー)保有事業所のみなさまへ

危険物ローリーの事故が多発しています!

 管内において、危険物移動タンク貯蔵所(ローリー)の事故が多発しており、いずれも人為的なミスが事故原因となっています。
 運転者、同乗者におかれましては、運転中、荷下ろし中その他運用に際して安全確認を今一度徹底していただき、事業所各位安全管理者におかれましては、安全教育の再徹底をお願いします。
 移動タンク貯蔵所(少量危険物ローリーを含む。)の交通事故、火災、漏洩事故が発生すれば、必ず管轄消防本部へ119番通報をしてください。
 ノズル付きタイプの移動タンク貯蔵所(少量危険物ローリーを含む。)を運用されている場合は以下を順守してください。
(1)  レバーを開放の状態で固定する装置を備えたものは使用できません。不正に改造したものも同様です。
(2)  ノズルの構造が適法であっても、ノズルを使用して移動タンクからガソリン等の低引火点危険物を給油、注油することは認められません。
(3)  給油(注油)中は、危険物の漏れ、あふれ、飛散がないように注視し、決してその場を離れる等しないでください。

危険物の無事故、無違反にご協力をお願いします。

作成;警防部 予防課
(2020.09.25)

  
HOME消防の紹介緊急の時はお知らせ届出申請用紙リンク
Copyright (c) 2013 泉州南広域消防本部 All Rights Reserved